なるべくエコな梱包用テープを考えたらまさかのセロテープだった

買ってよかったものなど【レビュー】

ECサイトを始めようと奮闘している、ぐりゆうでございます。

経済活動には『消費』がつきもので、環境の事を考えると『消費』自体をしないことが最も効果がある事だと思います。

けれど、この資本主義社会に生きているからにはどうしても、本質を理解し考えた末に、どれかを諦める、つまり選択しなければいけないということでもあります。

で。

ECサイトのみならず、知人との荷物のやり取り、メルカリなど梱包用テープを使う事って多いですよね。

ECサイトを運営するうえで、使い捨て容器があるのは仕方ないけれど、使用は最小限にし、一つ一つ素材なども考えて選択したいと思ったんです。

で、一番良い選択のテープはなんだろう?ってことを考えました。

エコっぽいなと思ったテープの種類

良い選択は『プラより紙』と考え、選択肢に上ったのは

  • クラフトテープ
  • 和紙テープ(マスキングテープ)

の2つでした。

ただ、クラフトテープを使用してみたら、表面のつるつるコーティングがしてあって、これはポリエチレンが使われていることが多いし、

和紙テープ(マスキングテープ)も、粘着剤はアクリル系が多いんです。

『良さそう』『エコっぽい』だけで選ぶと、こういう中途半端な対策になってしまいます。

エコかもと思ったテープはまさかの『セロテープ®』

セロテープ、まさか、あのセロテープが選択肢に入ってきました。

子供のころよく机とかに張り付けてたら、紫外線で色が変わったり、はがしたらべたべただけ残った、あのセロテープです。

恥ずかしながら全く知らなかったのですが、セロテープに使われている素材は

  • セロハン:木材由来
  • 粘着剤:天然ゴムと天然樹脂

なのだそうです。

まさに、天然素材のテープ。

焼却時も有害ガスを発生しにくいそうです。

ちなみにセロテープに似ている、梱包によく使われている透明なOPPテープというのがあるのですが、あれは完全に石油由来のプラですよね。

意外とあった、幅広のセロテープ

とはいえ、事務用のセロテープの幅では、梱包用テープとしては心許ないです。

太めのセロテープも販売されていてます。

小物を送るくらいなら幅24mm

小物をちょっと送る、その封をするなどの用途であれば24mmあれば十分対応できそうです。

しっかり梱包するなら幅50mm

一番理想的なのはこちらの50mm。

ただ、検索しても多く出てこないことを見ると、球数が少ないか、定番でない、廃盤になってしまった可能性もあります。(個人の推測ですすみません)

送料も含めると、結構高いのが悩ましいところですが、同サイズの再生PET利用の梱包用テープなどとくらべれば大きな価格差ではありません。

要はべたべたテープ貼らずに、使用を最小限とすればいいのではないかな、と思っています。

拝啓ニチバンご担当者様、この大宅配時代に天然素材の梱包用テープを推せば売れると思うんだけど!どう?

と、いうことで梱包用のテープはセロテープに決定しました

ECサイト用のテープはセロテープにしました。

もっとエコっぽい見た目だったらお客様も『このECサイト、テープにも気を使ってるのね』なんて思ってもらえるんだろうけど、

私が伝えたいのは『見えてるそれっぽさが全てではない』ということ。

聞かれたら答えてみせよう。

『知っているかい、セロテープって実は…』と。

タイトルとURLをコピーしました