【無印良品】食器洗いには落ちワタ混布巾が使いやすい

ゼロウェイストのための商品選択

「いつのまにかボロボロになってしまうスポンジはマイクロプラスチックになる」

私はこれを聞いたときに衝撃を受けました。

無知のうちに環境を、誰かを傷つけているとは怖いものです。

そこで食器洗いも自然由来の素材でしたい!といろいろ探した結果、「綿の布巾で食器を洗うのが良い」という答えにたどり着きました。

食器洗い用ふきんと言えば「びわこふきん」が有名です。

しかし田舎に住んでいる私には通販でしか手に入らず、価格も枚数をそろえようと思うとちょっとネック。

そう思い検索しているうちに見つけたのが、無印良品の「落ちワタ混布巾」です。

今回は、スポンジ代わりに食器洗いに無印の落ちワタ混布巾を使ってみて

  • 意外としやすい、布巾での食器洗い
  • 汎用性が高い
  • 長く使えそう
  • コスパが良い

と感じたレビューを書いていきたいと思います。

意外としやすい、布巾での食器洗い

一般的なスポンジを使っていましたが、無印の落ち綿混布巾で初めて布巾での食器洗いデビューでした。

感じたのは

  • 生地が薄く、手や食器の形に合うので隅々まで洗える
  • 固形石鹸との相性が◎
  • 洗濯できるので清潔

ということ。

落ち綿混布巾は薄手でハンドタオルサイズなので食器洗いに非常に使いやすい。

生地の編み目も粗いので酷くない汚れであれば、石鹸などを使わなくても汚れが落ちます。

また、エコを考えて合成洗剤を辞めて石鹸を使い始めた人も多いと思いますが、布巾だと石鹸の泡立ちもやすく相性も良いです。

使い終わったら毎回洗濯機で洗うこともできるので、スポンジのように置いておいたら雑菌が繁殖して…というような悩みも解消。

もちろん本来の用途はふきんなので、テーブルを拭いたり、食器を拭いたりするにも使え、汎用性抜群なのも良い点です。

耐久性も十分、長く使えそう

こういった消耗品の類で重要なのは「なるべく長く使えること」ですが、耐久性に関しても問題なし。

ただし、半年ほど毎日ガシガシ使っているとちょっとほつれてきます。気になるようであればほつれを始末して使い続けたいですね。

私は赤くて辛い油物が大好きなので結構シミにもなってますが、不衛生なわけではないのでまだまだ使いますよ。

無印落ちワタ混ふきんのコスパの良さ

無印良品の落ちワタ混ふきんはなんと12枚組で499円。毎日何枚もガンガン洗濯しても回せちゃいます。

「びわこふきん」は1枚で660円〜とお値段も張るので、

「とりあえず布巾での食器洗いを試してみたい」なんて人にもオススメです。食器洗い以外にも使えるし。

縁にカラーがついてて用途別に使い分けられる商品もあります。

おわりに

ふきんで食器洗い、意外と良いです。何も不便もなく、洗いやすい。

世の中にある、思い込みって多いですよね。

食器はスポンジで洗うもの、お風呂はお風呂用洗剤で洗う、とか。

そういったところに『本当に必要?』と問いかけていきたいなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました