【2泊3日ICL体験記⑤】手術後3ヵ月の経過と良かったこと

ICL体験記

ICL手術をして3ヵ月が経過しました。用事があったので、ついでに東京で診察。

手術後3か月でどうなったのか、振り返っていきたいと思います。

体験記①はこちら

手術後3ヶ月の経過

手術後3か月の検査、検診をしてきました。

視力は両目とも2.0(!!!!!!)両目で図った視力じゃなくて、片目ずつの視力です。

術後、一週間後と両目1.5と良好な経過でしたが、さらに良くなっていました。

ぐりゆう
ぐりゆう

びっくりしました。すごーい。

目の調子も特に問題なく、快適に過ごしています。術後1週間で感じていた夜間のドライアイも今は解消しています。

ICL手術をしてよかったと実感する事

来月にはダイビングも行く。裸眼で!楽しみ!

ICL手術をしてよかったと実感することですが、ほとんどが手術前から想定、期待していたものでしたが

  • 朝起きてすぐ目が見えるのが素晴らしい(もう慣れた)
  • 早朝、明朝の予定でも1日のコンタクト装用時間の心配もない
  • 泊りがけの旅行の荷物が少なく、急な泊りもできる
  • とにかく超見える、世界のディテールが細かくなった
  • いつでもどこでも目のこと気にせず昼寝ができる
  • 寝起きの目ヤニが出にくくなった!

最後の寝起き目ヤニが改善したのが予想外に良かったことでした。(私個人に限ったことかもしれませんが…)

花粉症の時期は、起きると目が目ヤニが固まって開けられないほど、その時期以外も朝は目ヤニがかなり出ていました。

コンタクトは2ウィークを使用していて、洗浄剤は過酸化水素タイプ(こすり洗い不要で、しゅわしゅわのタイプ)を使用していました。

私は専門家ではないので、これは仮説になってしまうのですがICLをして目ヤニが改善したことから以下2つが目ヤニの原因になっていたのかも。

  • コンタクトレンズのタンパク質汚れが落ちていなかった(こすり洗い不要と書いていても、こすり洗いと併用したほうが良い?)
  • レンズの洗浄剤が目に合っていなかった

手術後は強めのステロイドの目薬をしていた効果かなと思っていたのですが、目薬を辞めた後も目ヤニがかなり減り、寝起きが快適になりました。

花粉症の時期の目ヤニや目のかゆみ、ゴロゴロもコンタクト装用時に比べて改善するのではないか?と期待しています。(まだ花粉症の時期を経験していない)

ICL手術をしてからは【手術のリスク < 毎日コンタクトを清潔に着用できていないリスク】なのかも…とまで思うようになりました。

ハロー・グレアやまぶしさはどうなったか

ハローグレア

ICL術後一週間に感じていたハローグレアやまぶしさは、現在どうなったかと言いますと

  • ハローグレアは見えるが、それ自体を気にしなくなってきた(脳がそういうものだと認識し始めている様子、ネットで見たのはホントだった)
  • 眩しさは軽減されたが、手術前よりは少し眩しく感じるような…

術後1ヵ月くらいは家のキッチンの蛍光灯も視界に反射してちょっと気になっていたのですが、今ではどこの電気をつけていても、暗闇に1か所だけ電気が光っていてもあまり気にならなくなりました。

ハローグレアは依然見えますが、もう驚きませんし、そういうものだと思って脳が受け止めているような気がします。

まとめ|経過良好です

術後三か月、経過良好です。ありがたい限り。

自分にとってはICL手術はとても満足度が高かったです。

手術をするかしないかはご自身の判断だと思いますが、この記事が何か参考になりましたら嬉しいです。

使わない眼鏡もサングラスに変更し大活躍
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぐりゆう

1993年生まれ。北海道十勝の田舎に移住。採ったり獲ったり食べたりするのが好き。脱サラ、モラトリアム人間。

ぐりゆうをフォローする
ICL体験記
ぐりゆうをフォローする
20代女いなかぐらし
タイトルとURLをコピーしました