【2泊3日ICL体験記③】手術日と手術翌日

ICL体験記

とうとうICL手術の当日です。

術前検査を含め2泊3日の日程でICL手術をしました。

これまでの記事はこちらから

当日は不安はなかったのですが、自分でもわかるほど心拍数が上がっていました。緊張してたんですね。

ICL手術当日の実際

手術当日は、2種類の目薬をさしてクリニックに向かいます。

眩しくなるかも、と書いていましたが電車移動中も思っていたほど気になりませんでした。

ICL手術準備

クリニックに着いたら個室を用意してくれていました。

手術前には気持ちを落ち着かせるお薬、眼圧を下げる薬などを飲みます。(不思議なくらい気持ちが落ち着きました。)

目薬の麻酔もした記憶があります。

その後、手術着を洋服の上から着ます。

術前に夫に送った写真

ICL手術中

手術中、見えるの?怖くない?と思っていましたが、実際ほぼ何が起こっているかわかりません。

  • 手術時間は片目5分もかかっていない気がする
  • 目が押されるような感覚が何度かある。
  • 痛いという感覚はない。
  • 麻酔や目を洗ったりする水分で視界はウルウルしていて、はっきりは見えない
  • 先生や看護師さんが優しい声かけをしてくれるので不安にならず済んだ

一番びっくりするのは、『手術終わりましたよ〜』って時点からちゃんと見えていること。

流石にぼやけていますが、明らかに読めなかった文字とかが見える。

こんなにすぐ見えるとは…あまりに順調でちょっと怖さまで感じました。笑

手術直後、さすがに目は腫れぼったい

ICL手術後

術後は30分ほど個室で休んで、診察してレンズの様子と目の状態をみていただきました。

これで、この日の行程は終了。

『さすがに手術後はくたくたになるし、見えにくいだろうからタクシーで帰ろう』と術前から計画していたのですが、思ったより見えるし元気なので電車でホテルまで帰りました。(連泊でホテル取っておいてよかった)

ちょっとお昼寝して、手術の2、3時間後には麻酔も切れたのかほぼ目の重たい感じとかも取れていました。

ちなみに術後は保護メガネを支給してくれるのですが、代官山アイクリニックではRay-Banのブルーライトイエローライトカットメガネがもらえます。

このテンション下がらない配慮が嬉しい。大事に使います。

想像より元気だったので夜は焼肉屋さんにいきました。笑

術後は3種類の目薬を指定の時間にさします。

ICL手術翌日

腫れも引いて普段通りの目

朝起きるともう腫れも完全に引いていて、視界も手術した日よりクリアになっています。ゴロゴロ感もほぼなし。

手術翌日にも検査と診察があります。

手術翌日の視力は右1.5、左1.5と左右差もなく良好でした。

右目のまぶたの隠れたところに少し充血がありますが、徐々に引くそうで、特に問題もなく診察を終えました。

北海道に在住しているため通院は大変なので、1週間後検診は道内の病院に紹介状を書いていただきました。

それから感染症を予防するため、術後3日間は洗顔、洗髪ができないのですが、付帯サービスでクリニックの2階にある美容院でヘッドスパを予約してくれます。(代官山のおしゃれな美容室です。)

洗髪だけではなく毛穴クレンズとマッサージもしてくれて、ヘアセットもしてくれました。気持ちよかった。

手術をしたのにポジティブで贅沢な気持ちで帰路につきました。なんだか、すごい体験でした。

ICL手術をしてみて

現在術後4日しかたっておらず、まだ正確な判断はできませんが、現時点では『手術をしないほうがよかった』と思うマイナスのポイントは何一つありません。

もちろん個人差がありますので、一個人の感想として受け止めてくださると幸いです。

今後また経過をブログで報告していきます。なにより先生の技術と、医療の進歩に感激しています。

命の恩人ならぬ、目の恩人です。本当にすごい。

素晴らしい視界を本当にありがとうございます。

使わなくなったメガネの使い道

視力が回復して使わなくなったメガネですが、愛着もあるのでサングラスと伊達メガネにレンズ交換していただきました。

ネット完結のレンズ交換.comでお願いしたらお安く済んだのでおすすめです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぐりゆう

1993年生まれ。北海道十勝の田舎に移住。採ったり獲ったり食べたりするのが好き。脱サラフリーランス。

ぐりゆうをフォローする
ICL体験記
ぐりゆうをフォローする
20代女いなかぐらし
タイトルとURLをコピーしました