SUZURIのスウェット購入レビュー【サイズ感・生地・着心地】

SUZURI

どうも、ぐりゆうです。

今回久々にSUZURIで新作をだしました。

今まで、Tシャツの販売を主にしてきたのですが、冬なのでスウェットが欲しくて作ってみました。

SUZURIって可愛いデザインが多いのですが、実際に生地を手にとって見れないし、情報も少ないので注文するのも少し躊躇してしまいますよね。

  • 生地感はどんなかんじ?
  • サイズ感とか着てみた感じはどう?
  • プリントの質はどう?

なんてことを、購入を検討している方や、これから商品を作るクリエイターさんの参考になると嬉しいです。

今回購入したSUZURIのスウェット

今回購入したのはSUZURIで販売されているノーマルな『スウェット』です。

SUZURIのスウェットには『スウェット』『ビッグシルエットスウェット』の2種類あります。

2つの違いはこんな感じです。

スウェット
  • ノーマルなサイズ感
  • 綿100%
  • カラー展開が豊富
  • ビッグシルエトスウェットに比べ安い
ビッグシルエットスウェット
  • 身幅が大きめのイマドキシルエット
  • 綿ポリの裏起毛(秋冬におすすめ)
  • カラーは定番カラーのみ
  • スウェットに比べて高価

ざっくりだとこんな違いがあります。

今回ノーマルのスウェットにした理由は『綿100%』だったからです。

ぐりゆう
ぐりゆう

洗濯のときのマイクロプラスチック問題もあるし、

最近年取ったのか天然素材じゃないとかゆくなってくるんだよね…

サイズ感や着てみた印象

今回、サイズはLサイズを購入しました。

身長170センチふつう体型〜ぽっちゃりの女が着ると、こんな感じになります。

大きすぎる印象もなく、袖もちょっとたぷっとなる絶妙な長さ、着心地ゆったり着れて(疲れないのが嬉しい!)、サイズ選びはちょうど良かったと感じます。

気になる着膨れ感も特になく、着やすいです。

ナチュラルS、ネイビーLを重ねてみました

ちなみに、Sサイズと比較すると、2まわりくらい大きいなという印象です。

生地感と厚さ

SUZURIのスウェットの使用ボディーはUnited Athleの10オンスです。

生地感は今まで着てきたスウェットに比べると『薄め』でした。

起毛感も少なく、これなら春〜秋まで幅広い季節感で着れるし、レイヤードも楽しめるなと感じました。

また、リブの部分(手首、裾)も綿100%なこともあり、(世のスウェットはリブ部分のみポリ混のことが多い。ユ◯クロさんとか)

すこしだけ伸縮性は硬めに感じました。

表地の編み方も細かく、つるっとした印象なのでパジャマ感も少ないように感じます。

こういったアメリカ規格のスウェットは大きめサイズになると襟元も大きくなっていきます。

ビッグシルエットで着ようとしている女性はXLなど大きいサイズは襟元が大きくなるとパジャマっぽくなるので、インナーに襟付きのシャツを着たり、Tシャツをレイヤード、ハイネックを中に着るなどすると良いかもです。

プリントの質

プリントの質は今回単色だったので、カラーの細かいプリントについてはお見せできませんがこんな感じ。(かなり寄りで撮っています)

淡い色の生地にはそのままプリント、濃い色のプリントには白いカラーをのせてから印刷するホワイトインクジェットプリントが採用されています。

写真はホワイトインクジェットプリントです。

手触りにもバリバリ感はなくプリントが生地に馴染んていて、プリントの激しい割れは起きないかなと思います。

ちなみに、Tシャツでは写真プリントをしましたが綺麗に色が出ていました。

SUZURIの印刷の質は問題なく、むしろ推せる品質だと思います。

Tシャツのレビュー、写真を印刷してみた画像もあります

スウェットのカラーについて

全てのカラーの実物は見れていませんが、今回買ったネイビーは実物も着た感じも清楚で、パジャマ感もなくおすすめです。

いろんな色のスウェットが作成できるのもSUZURIのスウェットのメリットですが、カラーは派手色も多いのでドンキ感が出ないようにデザインとのバランスを取る必要がありそうです。

おわりに

以上、SUZURIのスウェットのレビューでした。

生地もしっかりしているので、長く大切に着ていこうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました