SUZURIのビッグシルエットTシャツと普通のTシャツ、品質はどう違うの?【レビュー】

グッズ販売

先日、SUZURIで販売をはじめました。SUZURIとは、デザインをアップロードするだけで簡単にグッズ販売ができるプラットフォームです。

Tシャツにも種類がいくつかあり、販売側としてそれぞれどんな生地を使っていて、印刷クォリティはどうなのか?確認したいのでどちらも白を購入し、一度洗濯してみました。ちなみに、通常のTシャツよりビッグTシャツの方が原価が2000円近く高く設定されていて、これは販売者としてクォリティが非常に気になるところでした。

SUZURIのTシャツ5種比較もまとめました。よければどうぞ。

サイズ感の比較、シルエット

今回はどちらもMサイズを購入しました。

普通のTシャツのシルエットはいたって普通。特に襟のつまり等もなく、一般的に店舗で買うものと遜色ありません。

ビッグシルエットTシャツは着丈はもちろんのこと袖も長め。襟が通常のTシャツに比べて気持ち詰まっているデザインで、肩も綺麗に落ちるし、お尻のラインも拾いません。ちなみにSサイズを買ってくれた女性の着用画像はこんな感じ。シルエットも綺麗でスキニー合わせに重宝しそうです。

使用メーカーと生地の厚さ

通常のTシャツはUnited Athleのものを使用しています。(すごく一般的に流通しているメーカーのもの)5.6オンスの生地です。一般的なTシャツの厚さと思って問題ありません。ゴワゴワせず着心地も良い。

ビッグシルエットTシャツはG.O.A.T.という国産ブランド。同じく綿100%ですが、パリッとしている印象を受けました。抗菌防臭加工もされていますので、こちらは国産のハイクォリティーTシャツと思って良いでしょう。厚さは7オンスですが、United Athleの5.6オンスト全然違うか?と言われれば大きな違いではありません。

印刷面

それぞれのTシャツですがどちらも写真データをそのまま印刷しています。

普通のTシャツ(United Athle)では、生地の色が淡色の場合は白印刷はされていないようでした。生地に馴染む(染み込んでいるような)プリントで、モノクロ写真でしたが再現性も高い。

ピッグシルエットTシャツは全カラーにホワイトインクジェットプリントが施されているので、雪面を撮影した写真の濃淡も綺麗に出力されています。このホワイトインクジェットが、生地代に上乗せされてるから価格が高く設定されているみたい。通常のTシャツに比べてプリント面がTシャツに乗っている、印象を受けました。ちょっと光に当てると光っているのがわかりますか?こちらの方がプリントの色褪せは無さそうです。

結局おすすめはどっち?

2つのTシャツを着てみた結果、どちらもファッションを楽しむTシャツとしてしっかりデイリーユースが可能です。(パジャマ行きに怯えていた)

例えばビッグサイズとして着用したい場合、普通のTシャツのXLサイズか、ビッグシルエットのMか、、、で迷うと思うのですが、極論どっちでもいいと思います。(普通のTシャツのXLだと襟元が広めになると思う)

ただ、私のように少し体型を気にしていて、ビッグシルエットのものは物によって肩幅が強調されるので落ち感が気になる。。という人には圧倒的にビッグシルエットTシャツをおすすめする!!!!!!お尻のラインも拾わないし肩も綺麗に落ちるよ!

ちなみにどちらのTシャツも出品者側の取り分は変わらない設定をしていますのでどちらが売れても私は嬉しい。

気になった人はぜひショップをのぞいてみてくださいね。

eisbahnのオリジナルアイテム通販 ∞ SUZURI(スズリ)
eisbahnの公式アイテムの通販サイト。『お気に入りの写真と絵を着る』をコンセプトに、スキー好きがスキー好きの為に作ったブランドです。
タイトルとURLをコピーしました