アズキナ(山菜)をいただいて食べてみました

あずきな山菜 山菜採り

先日、ご近所さんから『あずきな』という山菜をいただきました。

私は自分で山菜採りに出掛けるのですが、誰もが知っているような山菜しか普段は食べないので、あずきなは初めて!

早速いただいてみました。

アズキナとは

『アズキナ』とは別名『ユキザサ』と言い、ユリ目 ユリ科  マイヅルソウ属の多年草だそうです。

茹でた時に小豆のような香りがすることから『あずきな』と呼ばれているみたいです。

確かに、あま~い香りがします。

頂いたのは4月下旬で、姿の似ている行者にんにくと同じころに収穫できる山菜です。

アズキナの味

気になるお味ですが、甘いホウレンソウっぽい…。

いや…ちょっと違うんですが、初めて食べた山菜なのに『!』って感じはなく、かなり食べやすいです。

茎の部分は甘く、葉っぱの部分は少し山の香りがする。

おいしい山菜でした。北海道ではあまり食べられていないんですかね?

初めての山菜を食べて勉強になりました。

アズキナの食べ方

アズキナ山菜

食べ方ですが、特に癖がないので『茹ででおひたし』が最も簡単で美味しい食べ方ではないでしょうか。

そのほかにも

  • 天ぷら
  • 卵とじ
  • 酢味噌和え
  • 炒め物

にしても美味しいそうです。

お弁当用に卵とじも作ってみました。

私はインスタントラーメンの具にもしましたが、おいしかったです!

来シーズンは採りに行ってみようかな。。。

ただ、見慣れていないと少し見分けるのが難しい気がします。誤食は怖いので、わかる人と一緒に行くのが初めは良いだろうなぁ。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぐりゆう

1993年生まれ。北海道十勝の田舎に移住。採ったり獲ったり食べたりするのが好き。脱サラフリーランス。

ぐりゆうをフォローする
山菜採り
ぐりゆうをフォローする
20代女いなかぐらし
タイトルとURLをコピーしました